Meissen Tableware Collection

マイセンテーブルウェア通信販売のご案内

マイセン(Meissen) アーモンドの木 700110/23582 コーヒーカップ&ソーサー 150cc





ブランド:マイセン(ドイツ)
シリーズ:アーモンドの木
サイズ:口径6.5cm 高さ8.5cm ソーサー直径14cm


紫にけぶるアーモンドの樹の姿が美しく、マイセンならではの独特のシェイプも、高度な手作りの技術を感じさせます。色合いに華やかしさはあまりありませんが、落ち着いた色目のシリーズで、長くお使いいただけます。




  1. 2017/9/6(水) 17:1:41|
  2. カップ&ソーサー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイセン(Meissen) ベニスへの旅 コーヒーカップ&ソーサー 180cc Motiv No.4



ブランド:マイセン(ドイツ)
シリーズ:ベニスへの旅
サイズ:高さ9.5cm ソーサー直径14.5cm 180cc


このシリーズは絵付師のグルドン・ゴウブ氏が人気の「波の戯れ」のシェイプに、イタリアのベニス(ベネツィア)を訪ずれた際に受けたインスピレーションを元に描かれた作品です。着飾った人々が、ラグーンやベニスの有名な建物と一緒に描かれており、カラフルで豪華な衣装は、2月に行われる仮面カーニバルを連想させます。
こちらのシリーズは異なる6種類のモチーフがあり、帽子・高価な靴・犬・貝殻・ベネチアグラス杯・野菜・フルーツなどが細やかに描かれています。




  1. 2017/8/26(土) 1:10:52|
  2. カップ&ソーサー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイセン(Meissen) 宮廷の小花 012098/15582 コーヒーカップ&ソーサー 200cc(赤金彩)



ブランド:マイセン(ドイツ)
シリーズ:宮廷の小花
サイズ:口径10cm 高さ7.5cm ソーサー直径16.5cm 高さ3cm


マイセンの定番でもある花をモチーフにした中でも、金彩が豪華で華やかなシリーズです。金彩を贅沢に使ったシリーズで大変人気があります。色違いがありますので、そろえてコレクションにしても素敵です。




  1. 2017/7/25(火) 17:59:34|
  2. カップ&ソーサー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイセン(Meissen) ブルーオニオン 800101/14582 コーヒーカップ&ソーサー 200cc

ブランド:マイセン(ドイツ)
シリーズ:ブルーオニオン
サイズ:カップ口径8×横幅11×高さ7cm ソーサー直径15×高さ3cm


1739年より続くマイセンを代表するシリーズです。中国の染め付け技術を応用してつくられています。白磁にコバルト色で描かれた模様は実はオニオン(タマネギ)ではなく、ザクロやモモを図案化したものです。マイセンのマークである「青い双剣」が器の図柄の中に描かれているのも特徴のひとつ。あまりの人気に類似品が多く出回ったため、本物であることを示すために1885年から入れられています。




  1. 2017/5/16(火) 15:37:10|
  2. カップ&ソーサー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイセン(Meissen) プラチナコバルト 681790/23582 コーヒーカップ&ソーサー 150cc Motif1

躍動的に描かれた動物たちは、空に輝く星座をモチーフにされており、濃紺の地に映えるプラチナ彩が、宇宙空間のような幻想的な雰囲気を醸し出す、マイセンの中でも特に豪華なシリーズ♪

ブランド:マイセン(ドイツ)
シリーズ:プラチナコバルト
サイズ:口径6.5cm 高さ8.5cm ソーサー直径14cm 150cc


躍動的に描かれた動物たちは、空に輝く星座をモチーフにされており、濃紺の地に映えるプラチナ彩が、宇宙空間のような幻想的な雰囲気を醸し出しています。マイセンの中でも、特に豪華なシリーズです。
1960年にマイセン磁器工場の創設250周年を機に「芸術創造のための集団」と呼ばれる芸術家グループが設立されました。いわゆる「現代マイセン5人組」です。そのリーダー的存在であったルディ・シュトレ氏(1919-1996)とハインツ・ヴェルナー氏の合作。天文学と数学を愛したシュトレ氏は幾何学的文様のデザインが特徴的で、商品化が非常に難しく、このプラチナコバルトは数少ない彼のオリジナルデザインです。星座のようにみえるグラフィカルなタッチは、天文学を好んだシュトレらしい作風といえ、ボカシを多用したコバルト地に色変わりを嫌って贅沢にもプラチナ彩で、動物達がそれぞれ異なるモチーフで描かれています。個性が溢れ、気品があるものもいれば、おどけたユーモアたっぷりなものもあります。




  1. 2017/4/22(土) 18:29:26|
  2. カップ&ソーサー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ